ホーム > お知らせ > 第34回夏休み子ども木工作教室(能登ヒバの配布終了、スギのみ)

お知らせ


第34回夏休み子ども木工作教室(能登ヒバの配布終了、スギのみ)

イベントお知らせ

毎年、たくさんの小学生に参加頂いている「夏休み子ども木工作教室」ですが、昨年同様新型コロナウィルス感染防止のため、集まって木工作をするのは難しいと判断しました。

そこで、親子で県産材に親しんでいただけるよう、今年も木工作キットの配布を行います。

石川県の山から伐り出されたスギ、能登ヒバといった木材を使って「スライド本立て」が作れます。木工作キットには、木材のほか、釘、図面がついていますので、工具を準備すれば作ることができます。

ご家庭でゆっくり木工作を楽しんでみませんか?

 

※ 樹種:能登ヒバのスライド本立ての配布は終了となりました。

  申し込める樹種はスギのみとなります。

 

開催日 令和3年8月1日(日) 9:00~11:00
対象

□対       象:小学生 150名

□費  用:無料

□製 作 物:スライド本立て(①スギ100セット  ②能登ひば50セット)

□持 ち 物:お持ち帰り用のマイバックをご持参ください。

□申込方法:HPの専用お申し込みフォームから

 1.イベント名に「夏休みこども木工作教室」と入力し、

  名前(保護者氏名)、フリガナ、

  住所、電話番号(日中連絡可能な番号)、

  メールアドレスを入力してください。

 2.お問い合わせ内容に次の2つを入力してください。

  ①キットの樹種 スギ または 能登ヒバ

  ②参加小学生の人数

 

 3.送信

  個人情報の取扱いについてチェックし送信ください。

     (申し込み完了となります)

  申し込みの確認として、折り返しの連絡は致しません。

 

 ※申し込みフォームでは任意になっている箇所もございます。

   お気を付けください。

 尚、記入漏れがある場合、受付できないことがありますのでご注意ください。

 

場所 石川森林文化ホール
住所:金沢市東蚊爪町1丁目23番1
電話:076-237-0121
前回の実績

昨年は定員(100名)いっぱいの参加をいただきました!
今年もたくさんのお申し込みをお待ちしています。

※当日は、新型コロナウィルス感染防止の対応を取らせていただきます。
 係員の指示に従っていただきますようお願いいたします。

 

 

石川県木材利用推進協議会について


石川県木材利用推進協議会は、森林の役割と木材の良さを広く知ってもらい、木材の需要拡大を目的に活動しています。
当サイトは、その活動の一つとして木材の魅力を配信しています。
日本は、先進国の中では有数の森林大国です。
その森林の中核は終戦後に植えられた人工林で、すでに伐期を迎えるまでに成長しています。
石川県内の人工林においても、その多くは利用可能な状態に達しています。
木材を利活用することにより、森林の持つ公益的機能がより発揮され、バランスの取れた循環型社会が構築されるとともに、森林・林業・木材産業の活性化が図られます。
また、住宅分野では消費者の安全や安心に関する関心の高まりから、県産材へのニーズが高まっています。
このことから、協議会では、木材を生産する森林組合から住宅を建築する業界団体までがメンバーとなり、県産材の住宅分野での流通拡大に向けて協議を行っています。

詳しく見る

イベント申込みフォームへ